筆界未定地 - 土地家屋調査士事務所

康永登記測量事務所

> > 筆界未定地

筆界未定地、プラス地番

■Question

法務局で公図を調べたところ、地番が「1+2+3」と表記されていました。どういうことでしょうか。

■Answer

◎筆界未定地

筆界未定地です。
法務局に備え付けられている地図や公図に表記されている地番が
「1+2+3」のようにプラス地番で表記されているものです。
「1+2+3」であれば、1番地、2番地、3番地の筆界が未定であることを示しています。

 筆界未定地は、土地の筆界がはっきりしないので、
土地の売買や、抵当権設定をして銀行融資を受けることが困難になります。
売買や融資を受ける前に筆界未定地を解消する必要があります。

◎筆界未定地の解消

いろいろなケースがあり、簡単に解決できる場合もあれば、困難な場合もあります。

筆界未定地の表記

下の図の「297-1+297-4+297-5+297-6+297-7」と記載されている部分が筆界未定地です。

M.Yasunaga

お問い合わせ
〒544-0001
大阪市生野区新今里七丁目10番19号
TEL 06-4306-0241

■相談、見積りは無料です。

土地の登記

建物の登記

メールお問い合わせ

登記測量の知識 お見積り

↑ PAGE TOP