公図 - 土地家屋調査士事務所

康永登記測量事務所

> > 公図

公図とは

■Question

登記所で公図の写しを受け取りましたが、実際の土地の形と違います。どういうことでしょうか。

■Answer

法務局には、土地の位置、形状、地番、隣地との境界などを
確認することができる図面が備え付けてありますが、それには次の2種類があります。
 1.地図(14条地図)
 2.公図(地図に準ずる図面)

 

◎地図(14条地図)

私たちの土地や建物は、法務局に登記され、法務局に備え付けられた登記簿に記載されています。
地図(14条地図)は精度が高く、土地の境界が不明となっても、
現地の境界を復元することが可能とされています。

 地域によって整備されている状況が大きく異なり、大都市ではその整備が遅れています。
この地図が整備されるまでの間は、地図に準ずる図面、いわゆる公図を利用するものとして、
法務局に備え付けられています。

◎公図(地図に準ずる図面)

公図は、方位、縮尺、形状はあまり正確ではありません。
公図は、境界が直線かどうか、隣接地との位置関係は比較的正確で、
地図がない場合の資料として、大切な役割を果たしています。

公図は土地を特定する資料として、重視されています。
例えば、土地を担保に銀行融資を受けるときには、公図に誤りがあると、
融資が受けられない場合があります。

公図写し

M.Yasunaga

お問い合わせ
〒544-0001
大阪市生野区新今里七丁目10番19号
TEL 06-4306-0241

■相談、見積りは無料です。

土地の登記

建物の登記

メールお問い合わせ

登記測量の知識 お見積り

↑ PAGE TOP