建物滅失登記を相続人から申請- 土地家屋調査士事務所

康永登記測量事務所

> > 建物滅失登記を相続人から申請する

建物滅失登記を相続人から申請する

建物が滅失されているかどうか、事実を確認する

◎現に建っている建物で、建物の名義は亡くなった被相続人名義の場合
この建物を取壊した場合は、被相続人名義のまま、相続人の一人から建物滅失登記を申請します。
取壊した建物を、被相続人名義から相続人名義に書き換える必要はありません。

これは相続人に不必要な負担を強いる必要はありませんし、
また現に存在しなくなった建物の所有権移転登記をする意味もないからです。
ただし、建物を取壊すかどうかは、相続人どうしの協議が必要です。
協議なしに相続人の一人が勝手に建物を取壊すことは許されません。


◎すでに取壊されていて、登記簿だけが残っている場合
現実に建物があるのか、ないのか、の調査が必要です。
建物がないと思っていたにもかかわらず、存在している場合があります。

例えば、相続人の思っていた地番とは、別の地番の上に建物があったり、
建物が滅失したのではなく、増築によって建物が合体していた、 など色々なケースがあります。
調査を尽くして、建物が滅失していることを確認できれば、建物滅失登記を申請します。

抵当権設定のある建物の滅失

抵当権設定のある建物の取り壊しは、抵当権者の承諾が必要です。
承諾なしに取壊した場合は、損害賠償請求を起こされる可能性があります。

古い建物で、抵当権抹消登記が忘れられている建物が残っていて、
借金は既に返済済みであっても、抵当権者の承諾が必要です。

被相続人名義の建物に抵当権が付いている場合は、その債務が完済されているかどうかの確認、
抵当権者の確認を行う必要があります。
建物を取壊すときは、抵当権者の承諾を取る必要があります。

お役立ち情報
建物を取壊したとき
亡くなった被相続人名義で建物表題登記はできますか

M.Yasunaga

お問い合わせ
〒544-0001
大阪市生野区新今里七丁目10番19号
TEL 06-4306-0241

■相談、見積りは無料です。

土地の登記

建物の登記

メールお問い合わせ

登記測量の知識 お見積り

↑ PAGE TOP