主たる建物、附属建物の表題変更、分割、合併 - 土地家屋調査士事務所

康永登記測量事務所

> > 主たる建物、附属建物の表題変更、建物分割登記、建物合併、建物合体の違い

主たる建物、附属建物の表題変更、建物分割登記、建物合併、建物合体の違い

附属建物新築登記 - 建物表題変更登記

登記された既存の建物に、効用上一体として使用しうる別個の建物を新築する。

附属建物新築

附属建物滅失 - 建物表題変更登記

主たる建物、附属建物として登記された既存の建物の附属建物のみを取壊す。
登記簿の附属建物の記載が抹消されます。

附属建物滅失

附属建物の増築 - 建物表題変更登記

附属建物を増築した場合、附属建物の床面積が変更になったので、建物表題変更登記になります。

附属建物増築

主たる建物と附属建物の間を増築し、両建物をつなげた場合 - 建物表題変更登記 

増築によって2つの建物が1つの建物になります。登記簿の附属建物の記載が抹消されます。

附属建物増築

一個の建物の間を取壊し、主たる建物と附属建物にする場合 - 建物表題変更登記 

一個の建物の間を取壊し、主たる建物と附属建物にする。
この場合、登記簿の附属建物の記載が新たに加えられます。

附属建物

主たる建物と附属建物を分割する - 建物分割登記 

増築や滅失などの造作は行わず、主たる建物から附属建物を独立させて、
新たに登記簿を作成する登記手続きです。
これによって従前の附属建物に新たに登記簿が作成されるので、
当該建物を売却したり、抵当権を設定したりすることができます。

建物分割

一個の建物の間を取壊し、2個の建物にする場合 - 建物表題変更登記 建物分割登記 

一個の建物の間を取壊し、2個の建物にする。
この場合、従前の登記簿とは別に新たな登記簿が作成されます。
登記手続きは、建物の一部取り壊しによる建物表題変更登記と1個の建物を2個の建物にする建物分割登記を行います。

附属建物増築

2個の建物を主たる建物と附属建物の1個の建物に合併する - 建物合併登記 

増築や滅失などの造作は行わず、2個の建物を主たる建物と附属建物からなる1個の建物に合併する登記手続きです。
2つの登記簿を1つの登記簿にします。
附属建物とされた登記簿は、閉鎖されます。

合併登記は、制限が多々あります。
例えば、一方に抵当権が設定されており、他方に抵当権がない場合、合併はできません。

建物分割

2個の建物の間を増築し、1個の建物にする合体する場合 - 建物合体登記 

2個の建物の間を増築し、1個の建物にする。
または、2個の接する建物の間の壁を取壊し、1個の建物にする。
これを建物合体登記といいます。
この場合、従前の2つの登記簿の内、1つの登記簿が閉鎖されます。

附属建物増築



お役立ち情報
主たる建物・附属建物

M.Yasunaga

お問い合わせ
〒544-0001
大阪市生野区新今里七丁目10番19号
TEL 06-4306-0241

■相談、見積りは無料です。

土地の登記

建物の登記

メールお問い合わせ

登記測量の知識 お見積り

↑ PAGE TOP