筆界とは - 土地家屋調査士事務所

康永登記測量事務所

> > 筆界

筆界 境界

■Question

土地を売却しようと、不動産屋に相談したところ、筆界を確認する必要があるといわれました。
「筆界」という聞きなれない言葉ですが、土地の境界とは違う意味なのでしょうか。

■Answer

◎筆界

筆界(ひっかい)とは、「公法上の境界」のことです。
筆界で囲まれた土地を「一筆の土地」と呼び、その一筆の土地に一つの地番がつけらます。
筆界とは地番と地番の境界のことで、公法上決められた土地の境界のことです。
筆界は、公法上の境界であるから、個人の意思によって勝手に変更できるものではありません。

◎境界

ふつう土地の境界は、自分の土地の所有権の範囲と考えてます。
「ここまでが私の土地の境界だ。」という時、自分の土地の所有権の境界のことを言っています。
この所有権の境界と筆界が一致していれば、あまり問題はありません。

境界と筆界の不一致

もともと境界と筆界は一致しています。
ところが長い年月の間に、筆界の認識が曖昧になり、
筆界とは違うところに、ブロック塀が建てられたり、筆界の上に建物が建てられたりし、
その建てられたブロックや建物の敷地の範囲を境界と認識し、その境界を主張するようになります。

しかし、この主張は、所有権の境界を主張しているだけであり、
この主張によって、筆界を変更することはできません。
筆界は公法上の土地の境界であるから、所有者の主張する所有権の範囲によって、
筆界に変更することはできません。

これは、本来の筆界線とは異なる線で、隣接地所有者同士の境界線の主張が一致し、
所有権の範囲に争いがないとしても、この境界線を筆界として変更することはできません。  

所有権の境界と筆界の不一致を解消するためには、ケースバイケースですが、
地積更正登記や土地分筆登記によって解決を図ります。

M.Yasunaga

お問い合わせ
〒544-0001
大阪市生野区新今里七丁目10番19号
TEL 06-4306-0241

■相談、見積りは無料です。

土地の登記

建物の登記

メールお問い合わせ

登記測量の知識 お見積り

↑ PAGE TOP