建物の認定 - 土地家屋調査士事務所

康永登記測量事務所

> > 建物の認定

建物の認定

■Question

立体駐車場を建て、銀行から融資を受けようと、建物の登記を依頼しましたが、
登記できないといわれました。どうしてでしょうか。

■Answer

◎建物の認定の要件

登記の対象となる建物と認定するためには
 1.屋根及び周壁などの外気を分断するものを有すること
 2.土地に定着したものであること
 3.その目的とする用途に供し得る状態にあること
が最低限必要です。

上記3つの要件に加えて
 4.不動産として独立して取引の対象となり得るものであること
も必要とする考えもあります。
この4要件の解釈によって、建物は認定されます。

◎建物の認定

立体駐車場

タワー式駐車場 
建物です。 内部に自動車を駐車するゴンドラが複数ありますが、平屋建てです。

立体駐車場

立体駐車場  
壁に外気分断性がなく、床も外気分断性に欠け、天井もないので、建物と認定されません。

駐車場

立体駐車場  
壁は外気分断性は欠けますが、利用目的にそった周壁があるものとし、、建物と認定されます。

ゴルフ練習場

ゴルフ練習場 
建物です。屋根のある部分が建物と認定されます。  

ビニールハウス

ビニールハウス 
建物ではありません。 容易に撤去できるので、土地の定着性がないものと判断されます。  

ガラス温室

ガラス温室  
建物です。 基礎がしっかりしていれば、土地の定着性があるものと判断されます。  

組み立て式倉庫

組み立て式倉庫 
建物ではありません。 容易に撤去できます。  

モデルハウス

モデルハウス 
建物ではありません。  展示が終われば、取壊されるので、建物として認められません。

鉄塔

鉄塔 建物ではありません。  

東京スカイツリー

東京スカイツリー 建物です。  

大阪城

大阪城 建物です。  

M.Yasunaga

お問い合わせ
〒544-0001
大阪市生野区新今里七丁目10番19号
TEL 06-4306-0241

■相談、見積りは無料です。

土地の登記

建物の登記

メールお問い合わせ

登記測量の知識 お見積り

↑ PAGE TOP